公開履歴
髪に落ち込む男性

薄毛予防をしていても年をとると抜け毛が進行してしまうことがあります。
とくに男性型脱毛症(AGA)は男性ホルモンの影響で起こる薄毛なので、日頃の食事や頭皮ケアを行うだけでは十分な薄毛予防にはならないので注意しなければなりません。
現在ではAGAの改善に高い効果がある治療薬が出来ています。
AGAは髪の毛を作る幹細胞に男性ホルモンが影響することで起こります。
その影響で毛の成長、退行、脱毛の正常なサイクルが乱れてしまい、特に成長期間が著しく短くなってしまいます。
髪の毛が十分に伸びる前に成長期が終わってしまうので、髪の毛は短くなるとともに細くなり抜けやすい状態が引き起こされてしまいます。
最悪の場合は、毛が抜けやすくなるので毛が以前と同量に保てなくなります。
毛の成長期はどんどん短くなるのでいずれ毛が生えてこなくなってしまいます。
しかしこの症状は毛を作る幹細胞が死んでしまったからではなく休眠状態になってしまったからです。
休眠している細胞を活性化させることで再び髪の毛が生えてくるのです。
AGA改善に対して成功率が高い治療薬があり、これには毛を作り出す幹細胞から得た複数の成長因子と健康な毛髪に摂取必須であるビタミン類などが調製されています。
ビタミン類の栄養分も不可欠ですが、より重要なものは休眠状態から活性化を引き起こす成長因子です。
これは食事からは摂取できないので薬を使う必要があります。
この薄毛治療の方法は高確率で再び髪の毛が生えてくる以外に比較的短期間の治療で薄毛が治るという特徴が強みです。
薄毛予防による効果が思うように現れずに抜け毛が進行してしまった場合でもAGAであるなら薬で対処することができるので心配はいりません。