• ホーム
  • 薄毛は遺伝する!頭皮状態を改善で薄毛予防できる

薄毛は遺伝する!頭皮状態を改善で薄毛予防できる

2019年12月18日

親が薄毛だから自分も遺伝で薄毛になるとあきらめている人も多くいるようです。
実際のところ、遺伝によってハゲるというわけではなく、髪の毛が薄くなりやすい体質を受け継ぐといわれています。
薄毛を引き起こす原因には男性ホルモンの1種があります。
この男性ホルモンが多いほど薄毛になりやすいと考えられていて、このホルモンの分泌量が遺伝するといわれています。
薄毛予防のためには頭皮の血行を良くすることが大切です。
シャンプーをするときに頭皮を優しくマッサージすることで、血行を促進して毛母細胞に髪に必要な栄養が届きやすくなります。
また、血行不良になると頭皮が硬くなり抜け毛の原因になりますので、マッサージをすることで薄毛予防になります。
使うシャンプーは刺激の少ないアミノ酸系のシャンプーがおすすめです。
洗浄力が強いと頭皮に負担をかけますので、低刺激なシャンプーで薄毛予防をすることができます。
アミノ酸系シャンプーは薄毛予防になるだけでなく、発毛促進効果が期待できるものもあります。
薄毛の原因にはストレスや運動不足もあります。
毛細血管が収縮してしまい頭皮の血行不良を引き起こしますので、ストレッチや適度な運動をすることに心がけることは大切です。
運動にはウォーキングやジョギング、サイクリングがありますが、室内でできるスポーツジムに通うこともできます。
気持ちが良いと感じる程度の運動をすることが継続するポイントです。
また、髪の発毛に必要な栄養素を届けるために、バランスがとれた食事をすることも大切です。
頭皮に栄養が不足してしまうと細菌が繁殖したりと肌トラブルの原因にもなります。
揚げ物や間食を控えることは脂肪分と糖分の摂りすぎを避けることができますので、薄毛予防に効果があります。