• ホーム
  • 30代からのヘアケアで薄毛を回避

30代からのヘアケアで薄毛を回避

2019年06月17日
脱毛に悩む男性

30代に突入すると髪の毛も弱くなり、頭皮の透け感が目立つようになってきます。
ですから薄毛予防をしっかりと行う事が大切です。
行った方が良い薄毛予防としては、やはり頭皮環境を整えるのが基本と言えます。
頭皮環境の悪化は薄毛のリスクを高める原因になりますので、日々のシャンプーをしっかりと行う必要があります。
ただし、シャンプーは単に頭を洗えば良い訳ではありません。
シャンプーというと頭皮の汚れを根こそぎ奪った方が良さそうに考えてしまうものですが、しかし過剰に皮脂を奪ってしまうと却って頭皮環境を荒らしてしまう原因にもなるのです。
特に30代になると皮脂の分泌量が減る事もありますし、その状態で皮脂を奪い過ぎてしまうと頭皮に大きなダメージになります。
適度な皮脂を残しながら洗うのが基本ですので、脱脂力がマイルドなシャンプー剤を使うようにするなどの工夫が必要です。
薄毛予防の為にも育毛剤を活用するのも良いと言えます。
育毛剤を使用する際にもポイントがありますが、大切なのが目的に合う育毛剤を選ぶ事です。
育毛剤には血行を促進するタイプだったり頭皮を殺菌して環境を整えるようなタイプもありますし、また、保湿効果に優れているタイプだったり、男性ホルモンを抑えるタイプなどもあります。
どのような効果を求めているのかによって選ぶ育毛剤が違ってきますので、目的に合わせて選ぶようにしましょう。
ヘアケアの為にもマッサージを行うのも有効です。
薄毛になる原因の一つが血行不良と言われていますので、血行を促進する為にもマッサージは大切と言えます。
しかしマッサージのやり過ぎは頭皮にダメージになりますので、気持ち良さを感じられる力加減で行うと共にあまり長時間揉み過ぎないように注意が必要です。